~創業以来味ひとすじ~
弊店創業者高野竹松(1888-1962)が現群大工学部の守衛だったころ、名物校長西田博太郎博士にヒントを頂き試行錯誤の末独特の味わいを完成させました。
静岡に次郎長漬がある事と「弱きを助け強きをくじく」国定忠治の生き方に共鳴し忠治の眠る養寿寺のご住職に許可を頂き「忠治漬」と命名させて頂きました。
わさびのイラスト 忠治漬本舗(株)高野商店



商品のご紹介 詰合せ 価格表 ご購入方法
店舗のご案内 高野写真館 ご意見・ご感想


長い歴史を守り、新しさを探る
漬物一筋に創業以来八十有余年。お客様あっての店であることを終始肝に命じ、みなさまの食生活に一つの喜びを加えて頂きたく、たゆまぬ研究と技術の向上を計り、最高の品質を心がけております。万人に愛される香り、万人の舌に合った風味をこれからも求めづづけ、日々新しくあるように努力を重ねてまいります。
大切な方への贈答に、長い歳月に培われた高野ならではの風雅な味をお伝え下さい。
高野商店 四代目 主人謹白
Copyright (C) 2005 Takano Shoten All rights reserved